ビタミン&ミネラルしっかり取ってますか?

本日はビタミンミネラルについてご説明していきたいと思います。

 

 

 

人間を動かすのに必要な栄養素が「たんぱく質」「糖質」「脂質」といった三大栄養素です。

 

 

今回はこの三大栄養素に欠かす事の出来ない『ビタミン』『ミネラル』についてお話しします。

 

この『ビタミン』『ミネラル』が加わる事で、『五大栄養素』となり人間が生きていく上で欠かす事の出来ない真の栄養素が完成するわけです。

 

 

 

ビタミン

たんぱく質糖質を代謝する為の重要な働きをする。
ダイエット効果にも繋がります。

 

ビタミンが欠乏すると、疾病や様々な成長に障害が出たりします。

また、ビタミンは単体で摂るよりも総合的に摂った方が、相乗効果が期待できるのでバランスよく摂る事を心掛けましょう。

 

 

ビタミンまめ知識

 

栄養素として必要不可欠なビタミン13種類あり、水に溶けやすく熱に弱い【水溶性ビタミン】と、水に溶けにくく熱に強い【脂溶性ビタミン】と、大きく2つのグループに分ける事ができます。

 

水溶性ビタミン(9種類)】水に溶けやすく熱に弱い

 

「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ナイアシン」「ビタミンB6」「ビタミンB12」「パントテン酸」「ビオチン」「葉酸」「ビタミンC」

 

 

脂溶性ビタミン(4種類)】水に溶けにくく熱に強い

 

「ビタミンA」「ビタミンE」「ビタミンD」「ビタミンK」

 

 

水溶性のビタミンは水に溶けやすいため、多く摂取しても溜めておくことができず余分なものは尿や汗と一緒に排出されますが、脂溶性ビタミンは水に溶けにくいため摂りすぎてしまうと肝臓など身体に蓄積されやすいので、過剰な摂取は過剰症を引き起こす危険があるので注意しましょう。

 

 

水溶性のビタミンは3時間~5時間おきに摂取するとより効果が出やすいのでオススメです。

 

 

ミネラル

身体機能の調節や構成を担う「潤滑油」のような役割

ミネラルはカラダの中でつくる事が出来ないので、毎日の食事などからしっかり補給する事が必要です。
但し、ミネラルは有効な働きをする量と毒性の現れる量の幅が狭いので、必要量を知ったうえで上手に摂る事を心掛けましょう。

 

 

 

主要ミネラル(7種類)】1日の必要量が100mg以上のミネラル

 

「カルシウム」「カリウム」「リン」「マグネシウム」「ナトリウム」「硫黄」「塩素」

 

 

微量ミネラル(9種類)】
1日の必要量が100mg未満のミネラル

 

 

「鉄」「亜鉛」「ヨウ素」「セレン」「モリブデン」「クロム」「マンガン」「銅」「コバルト」

 

ビタミン同様、ミネラルも単独で摂るよりも、総合的に摂った方が相乗効果を期待できます。

例として「鉄」+「ビタミンC」や「カルシウム」+「ビタミンD」などの様に、ビタミンをプラスする事で吸収率がUPするミネラルも多いので、サプリメントであればマルチビタミン&ミネラルというものを選んだ方が良いでしょう。

 

 

一覧に戻る